ソープランドで感染する可能性のある性病は?

 

デリバリーヘルスやピンクサロンとは違い、違法とは言われているものの暗黙の了解として本番行為ができるのがソープランドです。

 

価格は他の風俗と比べてると割高にはなりますが、本番行為までできることは、男性にとって魅力的だと思います。

 

ですが挿入する分、性病感染のリスクも念頭に置いておかなければいけません。

 

そこで、今回ソープランドを利用することによって感染する可能性がありえる性病についてお伝えします。

 

 

ソープランドでの性病感染

ソープランド イメージ

 

挿入までできるソープランドは彼女がいない男性でも、ムラムラした性欲を解消できる大切な場所です。

 

基本的にはコンドームを着用するところが多いものの、高級ソープではピルを服用したソープ嬢に生中出しや、生で挿入したのちに外で射精することもできますし、時にはNN出来ることもあるでしょう。

 

ですがコンドームを着用しないということは、それだけ性病感染する可能性が高いと言えます。

 

 

きちんとしたお店であれば性病検査をしっかりソープ嬢にさせてはいるものの、正直していないお店があることも実情です。

 

検査をしていないことも怖いですが、検査をしていたとしても潜伏期間には結果が出ないこともあります。

 

だからこそどんなに検査をしていたとしても、性病に感染する可能性はゼロではないというのが本当のところです。

 

性病の代表的なものといえばクラミジアという名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

クラミジアは日本で最も感染率が高いと言われる性病です。

 

特に怖いのがほかの性病よりも感染率が高く、1回のセックスで50%の確率で感染すると言われています。

 

https://www.xn--nck1bp9169bkgisubg75b.net/?p=29

 

女性の感染率が高いクラミジアですが、ソープランドに通っていればもちろん男性が感染する可能性も高くなります。

 

そしてクラミジアは感染しても無症状の場合が多く、気づいたときには発症から日数が経っていたということも少なくありません。

 

万が一感染した場合は、尿道から水っぽい白く濁った分泌物が現れます。さらにかゆみや排尿時の痛みといった症状も見られるので、日頃から異常がないかを確認することも重要です。

 

とはいうもののほとんど症状がないと、病院に行くのが恥ずかしくて放置する人もいるかもしれません。

 

万が一パートナーに感染させた場合は、妊娠した際に流産や早産などの可能性があるため、将来のためにも放置しないことが大切です。

 

そして、感染力の高い性器ヘルペスも要注意な性病のひとつです。

 

潜伏期間も最短で2日と短いため、感染した場合はすぐに気付ける可能性のある病気でもあります。

 

陰部に痛みを感じたり、軽い水膨れができたり、発熱をするなどの特徴が挙げられます。

 

感染力が高いことはお伝えしましたが、この性病の恐ろしいところは、セックスをしなくても感染する可能性があるところです。

 

セックスをせずともトイレの便座やお風呂でも感染する病気であるため、ソープランドの設備を利用している中で感染するかもしれません。

 

客が変わるたびに清掃が入るなら別ですが、衛生管理面で不安のあるソープランドであればセックスをせずとも性器ヘルペスになることがありえます。

 

この感染力の高さも恐ろしいですが、何より怖いのは命にはかかわらないものの、一度感染すると一生の付き合いになってしまうということです。

 

一見症状が治まったように見えても、性交や免疫力の低下で再発する場合もあります。薬を飲むことで再発を防ぐことができますが、再発を完全に抑えることはできないのです。

 

 

ソープランドを利用していることで、そのほかにもたくさんの感染リスクがある性病はありますが、最後に梅毒について紹介します。

 

命の危険もあることから、梅毒の名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

https://www.xn--nck1bp9169bkgisubg75b.net/?p=31

 

梅毒には4つの段階があります。

 

第1期では陰部や口腔内にしこりや、足の付け根にリンパの腫れが見られます。それが治まったのち、数か月後に第2期として体全体への発疹。

 

そして、無症状の潜伏期間が再び訪れます。

 

知識がないと症状がなくなったのなら完治したのかもしれないと思うかもしれません。ですが本当に怖いのは潜伏期間のあとに現れる第3期と第4期なんです。

 

感染から3年以上経過したのちに皮膚や筋肉にゴムのような腫瘍が現れます。

 

そして、最終的には脳やせき髄、心臓などの多くの臓器に腫瘍が発生し、障害を持つはめになり、最悪死亡することもありえる病気です。

 

現代では以前に比べ梅毒の治療手段も確立しています。ですが、再び梅毒を発症する可能性もあるため油断はできません。

 

適切にコンドームを着用していたとしても、ディープキスやオーラルセックスなどで性病感染する可能性はあります。だからこそ、将来のためにもリスクを理解したうえでソープランドを利用することをおすすめします。

 

 

ソープランドで性病に感染してしまった場合にはどうすればいいの?

失敗 イメージ

 

性病に感染するリスクがあるのはわかっていても、自慰だけじゃ収まらない性欲を抑えるためにソープランドに行ってしまうこともありますよね。

 

そこは男性として生まれたからには仕方がありません。

 

だからこそ性病感染したときにどうするかが肝となります。

 

知識のあるなしでその後が変わってきますよね。もし万が一性病に感染したかもしれないとしたらどうしますか?

 

身バレを考えると病院には行きづらいですよね?そこで身元を知られることなく性病検査ができるのがSTDチェッカーです。

 

匿名性はもちろん、本当に性病にかかっていた場合はスムーズに病院を検索できるのも魅力的で大変人気の商品になっています。

 

STD研究所 (5/5)

匿名で最高水準の性病検査が可能な、性病検査キット「STDチェッカー」

  • 唯一の「郵送検査認定事業者」で、高い信頼性と実績がある
  • 検査結果は最短で「翌日」に確認可能
  • 全国43000の医療機関と連携しているので陽性の場合、迅速な対応が可能
  • 検査可能な病気の種類が豊富!最大12種類

 

STD研究所 男性用はコチラ

STD研究所 女性用はコチラ

 

 

 

まとめ

まとめ イメージ

 

ソープランドを利用する際には避けることのできない性病感染のリスク

 

特に、クラミジア、性器ヘルペス、梅毒は非常に感染力が強い為、注意が必要です。少しでも気になる症状が確認出来たら、直ぐに検査することをおススメします。

 

性病は将来のことを考えると非常に危険な病気と言えるので、絶対に放置することはやめて下さい。また、ソープランド等の風俗を利用する場合は、事前に性病についての知識を持っておくことも大事です。