ヒトパピローマウイルス(HPV)の検査キット|症状や費用、感染経路は?

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)という性感染症はご存知でしょうか?

ヒトパピローマウイルスは、性交渉の経験がある女性の半数以上が、生涯に1度は感染すると言われているウイルスです。ヒト乳頭腫ウイルスと呼ばれる事もあるようですが、子宮頸がんや尖圭コンジローマなどの病気の原因にもなりうる恐ろしい感染症なのです。

 

HPVに感染しても、そのほとんどは自己免疫力によって消滅してしまうのですが、消滅せずに感染が持続すると、子宮頸がんへと発展してしまう為、すぐに検査を受けて治療をする事が大切だといわれています。

 

この記事では、そんなヒトパピローマウイルス(HPV)の自宅で検査できる性病検査キットについて詳しく解説していこうと思います。

 

ヒトパピローマウイルスとは?

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、1度でも性行為をした事がある女性ならば、80%以上の人が50歳までに1度は感染すると言われているほど一般的なウイルスです。

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)には、低リスク型と高リスク型の2種類が存在します。

低リスク型

がんを引き起こす危険性はありませんが、生殖器、肛門、口、咽頭、またはその周辺に皮膚のいぼ(尖圭コンジローマ)を引き起こすことがあります。

高リスク型

がんを引き起こす危険性がある。

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した場合、特徴的な症状として性器に乳首のようなイボ(尖圭コンジローマ)ができます。

 

イボができる場所も場所なので見た目の問題もありますが、それよりも尿路をふさいで排尿障害を起こしたり、不安やうつといった精神症状を引き起こす場合もありますので、ただのイボと済ますことはできません。

 

また、イボが出来るまでには3週間以上かかるため、なかなか感染していることに気付かない場合が多いです。その為、感染していることに気付かずに他人に移してしまうケースが数多く報告されておりますので、少しでも心配になったら、すぐに検査してみるのが良いでしょう。

 

検査費用は保険が適用されますので、数千円~数万円が相場になっているようです。ただし治療内容によっては、かかる費用も違ってくるので検査の前に詳細を聞いておくと安心できます。

 

 

ヒトパピローマウイルスは妊婦健診で検査してもらえる

 

ヒトパピローマウイルスで最も気を付けておくべきことが母子感染です。

大切な赤ちゃんを妊娠した時に、母親がヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していると、赤ちゃんにも感染してしまう可能性があるのです。

 

低リスク型のヒトパピローマウイルスの場合は、尖圭コンジローマのイボが出来るのですが、このイボ自体は治療によって取り除くことが可能です。しかし、いくらイボを除去したとしても、一度感染したヒトパピローマウイルス自体は完全に除去することができない場合もあります。

 

ですので、1回治療したからと言って安心してはいけません。ヒトパピローマウイルスは再発する確率がかなり高い病気なのです。

 

1度でもヒトパピローマウイルスに感染したことがある人や、感染の疑いがある場合、大切な赤ちゃんを守るためにも必ず検査するようにしましょう!ヒトパピローマウイルスは妊娠検診の時に、検査項目として含まれています。

 

ヒトパピローマウイルスは、なによりも早期発見が重要

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)の症状で一番恐ろしいのが、子宮頸がんになるリスクです。

 

国立がん研究センターがん情報サービスによると、子宮頸がんによる死亡は2,710人(2016年)に及ぶのですが、子宮頸がんの原因の約65%が高リスク型のヒトパピローマウイルス(HPV)だと言われています。

 

年代によって、ヒトパピローマウイルス(HPV)が起因なのかの割合に高低はありますが、20代~30代の女性の場合、特にその傾向が強いと言われているので注意が必要です。

 

20歳を過ぎたら子宮頸がんの定期的な検診を受けることが推奨されています。また一定の年齢の方を対象に子宮頸がんの「検診無料クーポン」と「検診手帳」が配布されますので、利用するようにしましょう。

※住まいの市区町村により、配布内容は異なります。詳しくは、お住まいの市区町村のがん検診担当窓口に問い合わせましょう。

 

万が一、発症したとしても早期発見して治療していけるように準備しておくことが大事です。

 

ヒトパピローマウイルスの検査のやり方は?

 

ヒトパピローマウイルスの検査をしようと思った時、真っ先に思いつくのが病院や保健所ではないでしょうか?しかし、人によっては病院に行って検査するとなると、周りの目が気になったり、医師や看護師に相談するのが恥ずかしかったり、検査する時間をどうしても取れないかったりで、気が引けてしまうという方も多いでしょう。

 

そのように考えている方におススメなのが、自宅で検査できる性病検査キットです。実は、今は性病検査キットを利用して自宅で簡単に匿名で検査するという人が多く、かなり人気が上がってきている商品です。

 

この検査キットを利用してヒトパピローマウイルスを検査する場合、膣分泌物検査という検査方法行います。

 

膣内に綿棒を挿入して、分泌液を採取する方法ですので、非常に簡単で、そして手軽に検査することができます。もしも心配になって悩んでいるようでしたら、検査キットをりようしてすぐに検査する方が、よっぽど精神的にも良いでしょう。

 

「ヒトパピローマウイルスに感染しているかも?」と不安になっている方は、以下の症状が出ているかチェックしてみましょう。

 

・性行為のときに出血してしまう

・おりものの色が茶色っぽい

・おりものの臭いに違和感がある

・下腹部が痛い

 

このような症状が現れた場合には、ヒトパピローマウイルス(HPV)を疑ってみましょう。そしてすぐに検査をして、早期発見することが大事です。

 

当サイトではヒトパピローマウイルス(HPV)の検査はSTD研究所のSTDチェッカーという性病検査キットをおススメしています。

 

STDチェッカーは非常に綺麗で見やすいサイトになっていますので特に女性に人気です。

 

検査自体も感度の高いPCR法を用いているので、信頼性の高い検査結果を得ることができ、検査結果はWEBサイトですぐに確認できます。また、万が一陽性だった場合でも「日本性感染症学会認定士」や「性の健康カウンセラー」が匿名で相談に乗ってくれるので、その後の対処で迷うこともないでしょう。

 

 

STD研究所 (5/5)

匿名で最高水準の性病検査が可能な、性病検査キット「STDチェッカー」

  • 唯一の「郵送検査認定事業者」で、高い信頼性と実績がある
  • 検査結果は最短で「翌日」に確認可能
  • 全国43000の医療機関と連携しているので陽性の場合、迅速な対応が可能
  • 検査可能な病気の種類が豊富!最大12種類

 

STD研究所 女性用はコチラ

 

 

 

性の8割が一度はかかるありふれたウイルスですので、定期的に検査することで子宮頸がんのリスクを減らすことができますよ。