トリモコナス検査キット|自宅で楽々確認術とは?

 

数ある性病(性感染症)の中でも特に感染率が高いとされているのがトリモコナスです。その感染力は非常に強力で、トリモコナスに感染している人と性行為をした場合、99%の確率で感染するといわれているほどです。

 

トリモコナスに感染してしまったかも?と悩んで、病院に検査しに行くことを考えている人も多いかもしれませんが、今は自宅で手軽に性病検査できるキットが人気なので、性病検査キットでサクっと調べてしまう人が多くなってきています。

 

ここでは、そんな人気上昇中のトリモコナス性病検査キットについて解説いしていきますので、参考にしてみてください。

 

男性のトリモコナス検査のやり方は?

 

まずはトリモコナスとはどのような性病なのかを理解しておきましょう。

 

トリモコナスという性感染症は、トリモコナス・ハジナリスという原虫が寄生する事で発祥する病気です。

 

トリモコナスは女性に比べると男性の感染者数はそこまで多くないという特徴があります。なぜならトリモコナスの原虫はおしっこをしたり、シャワーを浴びたりする事で、流れていく事が多いからです。

 

だからといって、安心してはいけません!

トリコモナスの感染力は非常に高い為、性行為以外でも、下着、タオル、便器、浴槽での感染もあり、パートナーにうつしてしまう事が多いのです。

 

男性の場合はトリコモナスに感染していたとしても自覚症状が無い事が多く、知らないうちに症状が悪化していたり、パートナーにうつしているという事はよくある事なのです。

 

ですので、自覚症状が無いとしても、検査しておく事は大事です。トリコモナスに感染している場合は、どのような検査方法で検査する事ができるのでしょうか。

 

 

男性のトリモコナス検査のやり方は?

 

男性のトリコモナスの検査は、尿検査によって感染しているかを確認する事ができます。起床後の初尿を採取し、それを郵送する事で検査結果を出してもらう事ができます。

 

性行為の1~2日後には検査可能となっているので、トリコモナスに感染している疑いがある場合は、すぐに検査する事をおススメします。

 

特に既婚男性の場合、トリコモナスの強い感染力により、大変な状況になってしまう場合があります。男性には症状がほとんど出ない為、トリコモナスに感染していることに気付かず奥さんにうつしてしまうからです。

 

女性の場合は男性とは違い、膣炎やおりものの増加など、自覚症状が出る場合もあるので、STDに感染したことに気付く可能性は高いです。

 

もしも浮気などによる不貞行為でトリコモナスに感染したのだったら、間違っても奥さんにうつしてしまわないように気をつける事が重要です。その為にも疑わしき症状が出ている場合は、すぐにでも検査するようにしましょう。

 

トリコモナスに感染している可能性を判断するには、以下の症状が出ていないかを確認しましょう。

 

・排尿時の痛みや違和感がある

・尿道から膿が出ている

 

このような症状がある場合にはトリモコナスを疑った方が良いのですぐに検査するようにしましょう。

 

ただし、トリコモナスの検査をする場合は、感染経路が同じクラミジアや淋病の検査も併せて行うのがおススメです。万が一トリコモナスには感染していなくても、クラミジアや淋病に感染している可能性が非常に高い為です。

 

男性のトリコモナスを検査する場合、GME医学検査研究所の検査キットがおススメです。

 

通常、郵送の性病検査キットでは、郵送している間にトリコモナス原虫が死滅してしまい、誤った検査結果が出てしまう事が多くあったのですが、GME医学検査研究所では群馬大学共同研究開発した遺伝子検査を用いる事で、トリコモナスの生死に関わらずトリコモナス原虫が「存在したかどうか」を検査できるので、信頼性の高い検査結果を得る事ができます。

 

また、トリコモナスだけでなく、クラミジア・淋病も同時にチェックする事ができる検査キットセットが用意されているのも、こちらの商品をおススメする理由になります。

 

GME医学検査研究所(4/5)

  • ローコストパッケージを選択すれば割安料金で検査可能
  • 検査結果は最短2日で確認可能
  • 登録衛星検査所が運営しているので安心
  • 検査できる種類は最大の12種項目
  • 365日の検査してくれる

GME医学検査研究所 男性用はコチラ

 

 

 

女性のトリモコナス検査のやり方は?

 

女性がトリコモナスに感染した場合、男性のように菌が流れていくといった事はまずありません。それは女性が感染した場合、膣の中でトリコモナス原虫が残存するからです。なので、女性の場合はより深刻な問題と捉えておく必要があります。

 

感染してから症状が出るまでには約1週間から1ヶ月程度かかるとも言われていますので、自分がトリコモナスに感染したことに気付かないで、他の人にうつしてしまうことも珍しくありません。

 

トリコモナスは原虫による病気なので、放置しておくと勝手に動き回って感染範囲を拡大していく危険性もあります。

 

そうして症状が悪化する事で、不妊症早産流産の原因になることもあるので、非常に恐ろしいSTD(性感染症)と言えます。ですので、感染の可能性が疑われる場合は、早急に検査するようにしましょう。

 

女性の検査方法は、膣分泌検査という方法でトリコモナスを検査します。具体的には膣の中に綿棒を入れて、分泌液を摂取する事で検査する方法ですが、実際にやってみると非常に簡単ですので、手軽に検査する事ができると考えて良いでしょう。

 

トリモコナスに感染しているかの判断基準として、以下の症状をチェックしてください。

 

・性器周辺にかゆみがある

・外陰部のただれ

・おりものの色が変

・排尿時に痛みを感じる

 

女性の場合は当サイトで1番におススメしているSTDチェッカーでもトリコモナスの検査キットは用意されているのですが、やはり群馬大学との共同研究によって開発されたDNA検査は、高い精度の検査で信頼性の高い検査結果を得る事ができるので、トリコモナスの検査をする場合はGME医学検査研究所の検査キットがおススメです。

 

女性の場合でも、トリコモナスと同じ感染経路のクラミジアや淋病を同時に検査できるキットを購入するのが良いでしょう。

 

GME医学検査研究所 (4/5)

  • ローコストパッケージを選択すれば割安料金で検査可能
  • 検査結果は最短2日で確認可能
  • 登録衛星検査所が運営しているので安心
  • 検査できる種類は最大の12種項目
  • 365日の検査してくれる

GME医学検査研究所 女性用はコチラ

 

 

まとめ

 

この記事では、トリコモナスとはといった基本的なことから、検査についてをご紹介してきましたが理解できましたでしょうか。

 

検査した結果、トリコモナスに感染していなかったという場合も安心してはいけません。

なぜなら感染経路が同じ他の性病にかかっている可能性が高いからです。なので、検査を行う場合はなるべく幅広く、色々な性感染症(STD)を調べられる商品を選ぶ事が、性病検査のコツです。

 

 

コメントを残す