デリバリーヘルス(デリヘル)で感染する可能性のある性病は?

 

彼女がいないときにむらむらしてしまうと、デリバリーヘルスを利用する男性も多いかと思います。

 

ですが、デリヘル嬢は不特定多数の人とセックス(もしくはそれに近い事)をしているため、どんなに気を付けていても性病に感染している可能性をはらんでいます。

 

そこで今回はデリヘルを利用した際に感染する可能性のある性病についてお伝えします。

 

 

デリヘル利用で性病になる?

デリヘル イメージ

 

デリバリーヘルスだけではなく、その他のセックスでももちろん性病に感染する可能性はあります。

 

ですが、予防していたとしてもデリヘル嬢が性病になる確率はほかの女性と比べても高いと言えます。

 

そこで心配なのが自分も性病に感染するのではないかということですよね。彼女がいる状態で性病に感染すれば、同様に彼女に性病をうつすリスクも高まります。

 

だからこそ性病に対して正しい知識を持っていなければいけません。それではデリバリーヘルスを利用した際に感染しやすいとされている性病を見ていきましょう。

 

まず感染する可能性がある病気がクラミジアです。

正式名称、性器クラミジア感染症は日本でも最も多い性感染症と言われています。

 

クラミジアは粘膜感染のため、性器や肛門だけではなく、フェラチオなどのオーラルセックスによって、口腔内からの感染もありえます。

 

デリヘル嬢へクンニをした際に感染する可能性もありますし、その後彼女とセックスなどすれば最悪キスをするだけでクラミジアをうつしてしまう恐れもあるんです。

 

クラミジアは感染後数週間で症状が出ることが多いため、しばらくは感染していることにも気づけません。

 

その潜伏期間に彼女にうつすことや、万が一妊娠していた場合子どもにも感染してしまうという恐ろしさのある性病なんです。

 

男性であれば感染後数週間して、尿道から透明な膿が出たり、痛みが出たりするなどの症状が現れます。しかし、女性の場合は感染しても自覚症状があまりないため、治療するケースが少ないんです。

 

そのため、クラミジアに感染していることに気付いていないデリヘル嬢とセックスをしてクラミジアに感染してしまう事は大いにありえます。

 

 

そして、そのほかに感染する可能性が高い性病が性器ヘルペスです。

 

この性病の嫌なところが、一度治ったと思っても体の抵抗力が下がった時に再発する可能性があるということです。

 

性器ヘルペスに感染すると、性器に水膨れや腫れなどの違和感や痛みが出てきます。基本的には1、2週間程度で収まるとは言われていますが、その間は排尿のたびに苦痛を強いられることになります。

 

発症するたびに痛みを伴うし、治ったと思っても何度も再発する可能性がある怖い性病なんです。

 

 

そして次に紹介するのが尖圭コンジローマです。

 

特にセックスを活発に行う若い世代に多いと言われている病気で、性器の外側にイボができてしまう性病となっています。

 

1、2か月程度の潜伏期間ののち、痛みやかゆみも伴わないままイボができます。イボ以外の症状がないため、まったく感染に気付かないまま発見が遅れてしまいます。

 

こちらも知らないうちにパートナーに感染させてしまう可能性が高い性病のひとつと言えますので、既婚者の方は十分に注意しなければいけないでしょう。

 

 

最後に紹介するのが、命の危険にさらされる可能性もある梅毒です。

 

梅毒は潜伏期間が長く、3~6週間程度の潜伏期間の後に発症すると言われています。最初は陰部付近にしこりができたり、足の付け根のリンパが腫れたりなどの症状が現れます。

 

しかし、その後一時的に症状が消失し、再び数週間の潜伏期間を経て、全身に赤い発疹やピンク色のあざが出現します。

 

一度目と二度目の発症ともに腫れや発疹ができるものの、無痛であるため積極的に治療しない方も多いかもしれません。

 

しかし、症状がでなくなったからと言って梅毒が自然に治ることはありません。

 

症状が出ないだけで、梅毒はずっと体内の中に残っており、潜伏状態となっています。そして感染から数年後には皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍ができます。

 

さらに心臓や血管、脳などに障害が出るだけではなく、最悪死に至る可能性があるんです。

 

特に何も症状が現れない潜伏期間が数年あることから、この期間にパートナーに梅毒が感染する危険性もあります。

 

万が一にでも妊婦に梅毒が感染すると、胎児に梅毒が感染してしまい、死産や早産、奇形などが起こると言われているため、将来のことも考えたうえで梅毒は早めに治療しなければなりません。

 

 

今回ご紹介したように、デリバリーヘルスを利用するだけでこれだけの性病に感染する可能性があるんです。

 

もちろん、今回紹介したもの以外にも感染する可能性のある性病はまだありますので、本当に気を付けなければいけないでしょう。

 

 

性病に感染したかもしれない、そのときは

 

もしかしたら性病に感染したかもしれない……と思うと、なかなか人に相談できないから困りますよね。

 

彼女からセックスをしようと誘われてもうつす可能性もあるし、ましてや彼女に話せることではありません。でも病院に行くのは怖いし恥ずかしいという気持ちはわかります。

 

 

そこで、そんなときにぜひ使ってもらいたいのがSTDチェッカーです。

 

STDチェッカーを使えば、病院に行くことなく、匿名で性病に感染しているかどうかを検査することができるんです。

 

感染していないのが一番ですし、万が一感染していた場合は最寄りの病院も検索できるようになっています。

 

STD研究所 (5/5)

匿名で最高水準の性病検査が可能な、性病検査キット「STDチェッカー」

  • 唯一の「郵送検査認定事業者」で、高い信頼性と実績がある
  • 検査結果は最短で「翌日」に確認可能
  • 全国43000の医療機関と連携しているので陽性の場合、迅速な対応が可能
  • 検査可能な病気の種類が豊富!最大12種類

 

STD研究所 男性用はコチラ

STD研究所 女性用はコチラ

 

 

 

まとめ

まとめ イメージ

 

今回はデリバリーヘルスを利用した際にかかる可能性のある性病についてお伝えしました。

 

どんなに気を付けていても、デリヘル嬢が性病に感染してしまうことはあり、その確率は一般的な職業の女性とは比べ物にならない程、高いと言えるでしょう。

 

だからこそ、デリバリーヘルスを利用する場合、自分も性病に感染する可能性があるという事を自覚しましょう。また、既にデリヘルを利用した後に「性病かもしれない」と思える症状が出ている場合は、直ちに検査することをおススメします。

 

コメントを残す