カンジダ検査キット|費用や方法や時間、即日検査可能か?

 

性病として知名度も高く、多くの人が感染しているのがカンジダです。

 

女性の場合75%がかかると言われるほど、高い感染率を誇るカンジダですが、もしもカンジダにかかったかもしれないと心配になった時は気軽に検査できる性病検査キットでセルフチェックしましょう。自宅で簡単に出来ますし、検体を郵送して結果はWEBで見られるので誰にもバレずに検査する事ができまよ。

 

ここでは、カンジダの検査キットの使用方法や費用などをご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

男性のカンジダ検査キットの使用方法や費用は?

 

そもそもカンジダとはどのような病気なのかご存知でしょうか?

 

カンジダはカビの一種です。もともと私たちの体に付着している菌でもあるので、常在菌と呼ばれています。

つまり、通常はカンジダ菌がいたとしても全く問題ないのですが、その量が増加したり、性行為で感染して体力や免疫力が低下したときには性器カンジダとして症状が出てくるようになってしまいます。

 

男性の場合は、カンジダによる症状は出づらいと言われています。それはお風呂につかったり、シャワーを浴びたりするだけでカンジダ菌が流れていくからです。その為、女性と比べると男性の発症率は格段に下がります。しかし、衛生状態が悪化すると発症しやすくなるので十分に注意は必要です

 

男性のカンジダを検査する時は、陰茎擦過物と呼ばれる方法で検査する事になります。具体的には綿棒を性器にこすり付けるだけなので、簡単ですし短時間で済ませられます。

 

性行為をした翌日以降には検査を行うことができますので、以下のような症状を感じたら、検査するようにしてみてください。

 

・性器がかゆい

・ただれがある

・ペニスの皮が白くなりはがれている

 

男性のカンジダ検査の場合は、GME医学検査研究所の性病検査キットがおススメです。

GME医学検査研究所はローコストパッケージを選択すれば低価格で検査する事が出来ますし、検査結果も比較的早いので選ばれる方が非常に多い商品となっています。

 

GME医学検査研究所 (4/5)

  • ローコストパッケージを選択すれば割安料金で検査可能
  • 検査結果は最短2日で確認可能
  • 登録衛星検査所が運営しているので安心
  • 検査できる種類は最大の12種項目
  • 365日の検査してくれる

GME医学検査研究所 男性用はコチラ

 

 

女性のカンジダ検査キットの使用方法や費用は?

 

女性のカンジダ発症率は75%とも言われており、一生のうちに2~3回はかかったとしても不思議では無いぐらい高い確率で感染してしまいます。

 

何故なら、女性のカンジダ菌は男性の様にシャワーで流れるといった事は無く、膣内に留まってしまいがちだからです。

 

カンジダを放っておくと、症状が治りづらくなってしまいますし、デリケートゾーンの強いかゆみから荒れてしまう場合もあるでしょう、またデリケートゾーンの強いにおいもあるので、性行為時にパートナーにガッカリされてしまうかもしれません。

 

とにかく、放置しておいて良いことは1つもありませんので、カンジダの症状に気付いたら、自宅で簡単に出来る検査キットでチェックしてみると良いでしょう。

女性がカンジダ検査を行う場合は膣分泌物検査という方法で行います。

 

この方法は、膣に綿棒をいれて優しくこすって採取します。それを郵送するだけで簡単に結果を知ることができるのです。性行為をした翌日以降から検査を行うことができます。以下の症状で当てはまるものがある場合は、早めに検査すると良いでしょう。

 

・性器周辺にかゆみがある

・おりものの色がおかしい

・性器に痛みを感じる

・排尿時に痛みがある

 

女性のカンジダを検査する場合は、STD研究所のSTDチェッカーがおススメです。

STDチェッカーはイラスト入りの説明書で膣分泌物検査での採取方法を分かりやすく説明してくれるので迷う事はありませんし、充実したサポートで「日本性感染症学会認定士」や「性の健康カウンセラー」が様々な相談に答えてくれますので非常に安心して検査する事が出来ます。

 

STD研究所 (5/5)

匿名で最高水準の性病検査が可能な、性病検査キット「STDチェッカー」

  • 唯一の「郵送検査認定事業者」で、高い信頼性と実績がある
  • 検査結果は最短で「翌日」に確認可能
  • 全国43000の医療機関と連携しているので陽性の場合、迅速な対応が可能
  • 検査可能な病気の種類が豊富!最大12種類

 

STD研究所 女性用はコチラ

 

まとめ

 

カンジダにかかっているかどうかは、症状を見るだけでは分かりません。また、他の性感染症にかかっている可能性も割と高いです。

 

カンジダの症状を疑って性病のチェックをする場合は、いくつかの性病検査ができる検査キットを購入して、同時に他の性病に感染していないかを確認する事をおすすめします。

 

そのときには自分と同年代の人がどのような性感染症にかかっているのかを調査するとよいです。商品選びの参考にもなるため、ぜひ確認してみてください。

 

コメントを残す