病院検査と郵送性病検査キット 検査費用はどちらが安い?

 

性病(STD)を検査する方法は大きく分けて2種類あります。病院や保健所で検査する方法と、自宅で検査して郵送するものです。

 

今回は2つの性病検査方法について、費用や特徴を解説していきたいと思います。性病検査を考えている方は参考にしてください。

 

性病検査を徹底比較

 

性感染症に感染しているかどうかを検査しようと思ったときに1番気になるのが費用だと思います。

自宅で簡単にできる性病検査キットの存在は知っているけど、結局のところ病院の方が安く済みそうな気もして迷っているという人も少なくないでしょう。

 

ここでは、性病検査の費用について、病院に行く場合と、性病検査キットを使用する場合を比較してみます。病院の費用に関しては保険適用として3割負担で計算していくので、その点ご注意ください。

 

病院で検査をした場合

病院で性病検査をする場合、めんどくさいのが一つの観点のみで検査が終わることが無いという事です。いくつかの観点から検査してみて、総合的に性感染症を患っているのかどうかを診ていくのが通常ですので、それだけ時間がかかるという事になります。

 

検査結果が出るまでの期間に関しては1週間から2週間が目安となります。その場で、検査をしたらすぐに結果が出るというケースは残念ながらほとんどありません。病院や保健所の場合、まずは検査を行って、再度別の観点から検査をして、というように何回かに分けて検査を行っていくことが基本になります。

 

万が一、検査の時点で性器に異変を感じていたり、目立った症状があったりする場合は症状に合った薬を処方してもらうこともできます。

 

病院での検査の場合、かかる費用は合計で5万円弱といったところになります。内訳としては、まずは検査費用として、初診料、検査料、処方料を合算して約3万円、検査結果を教えてもらう時には再診料と処方料で合算して約1万円になりますので、多めに5万円程度は見積もっておくと安心です。

 

性病検査キットの場合

性病検査キットとは、インターネット上で購入することができ、自宅で簡単に性病かどうかを検査することができる商品です。完全に匿名で検査することが出来るので、現在、非常に人気がある性病検査方法になります。

 

気になる費用ですが、病院で検査をするよりも安く済ませることができます。

 

また、それ以外にもさまざまなメリットがあります。例えば、人目を気にする必要がないということです。病院や保健所で性病検査を行う場合は、他に来ている患者さんや知り合いに出会ってしまう可能性もありますので、浮気をして性病に感染したかもと考える既婚男性にとっては、性病検査によって浮気がバレ、そこから離婚問題に発展する場合も少なくないので、かなり重要なポイントとなります。

 

また、病院で看護師や医師に自分が性病の検査のために来ている事を知られることを、特に若い女性の方はかなり恥ずかしく感じる人が多いとようです。しかし、性病検査キットであれば、インターネット上で購入できるので誰かに見られる心配はありませんし、匿名での検査なのでバレる心配は全然ありません。

 

病院よりも安い費用であるにも関わらず、手軽に性病検査できるのはすごく魅力的だと思いませんか?

おススメの性病検査キットを紹介するので参考にしてみてください。

 

 

STD研究所 (5/5)

匿名で最高水準の性病検査が可能な、性病検査キット「STDチェッカー」

  • 唯一の「郵送検査認定事業者」で、高い信頼性と実績がある
  • 検査結果は最短で「翌日」に確認可能
  • 全国43000の医療機関と連携しているので陽性の場合、迅速な対応が可能
  • 検査可能な病気の種類が豊富!最大12種類

 

STD研究所 男性用はコチラ

STD研究所 女性用はコチラ

 

GME医学検査研究所 (4/5)

  • ローコストパッケージを選択すれば割安料金で検査可能
  • 検査結果は最短2日で確認可能
  • 登録衛星検査所が運営しているので安心
  • 検査できる種類は最大の12種項目
  • 365日の検査してくれる

GME医学検査研究所 男性用はコチラ

GME医学検査研究所 女性用はコチラ

 

ふじメディカル (4/5)

  • 最短2日で検査結果を確認できる
  • 横浜市登録の衛星検査所で検査しているので安心
  • 最大9種類の病気を検査できる
  • カップルで検査する場合『カップル割』がある

ふじメディカル 男性用はコチラ

ふじメディカル 女性用はコチラ

 

 

 

心配になったら性病検査キットを使ってみる

 

性病検査をする場合は保険を適用することができるので、病院で検査したとしても3割負担で済ませることができます。

しかし、治療歴が残ったり、周囲の人にバレるリスクが高まる為、既婚男性にとっては賢い選択とは言えません。

 

性病検査をしているという事実を、出来る限り周囲の人に知られたくないのであれば、やはり性病検査キットを活用することをおすすめします。

待ち時間や予約、病院に行く時間を作る必要も無いので、メリットは十分に感じていただけるでしょう。

 

 

まとめ

 

ここまで、性病検査の方法として、病院に行く方法と性病検査キットを活用する方法をご紹介してきました。それぞれについて、いくつかの観点から比較してきましたが、それぞれの特徴は掴んで頂けましたでしょうか?

 

2つの検査方法の違いを理解した上で、自分はどちらの検査方法があっているのかを検討してみてください。もしも誰かにバレる事によって、自分に不利益になる環境にいるのでしたら、インターネット上で購入できる性病検査キットを試してみてください。

思ったよりもずっと手軽に検査することができますし、結果が出るまでの日数も数日で済むという優れた特徴があるので、自信をもっておすすめ致します。

 

 

コメントを残す