男女別、性病検査するべき症状の目安

 

「これって、性病を検査した方が良いのかな?」と思ったときに、どのような症状があったら検査すべきなのかといった基準があったら分かりやすいですよね。

もちろん、分かりやすい自覚症状を感じずに性病が進行している場合もありますが、どのような症状が出たら検査をした方がよいのかについて解説していきます。

 

男女別の性病検査をするかどうかの基準とは?

 

性病(性感染症)の種類によって症状が異なりますが、中には症状が出ないまま発症している場合もあります。では、どのようなときに性病かどうかを疑うべきなのかを解説していきます。

 

男性、女性に関わらず、まず性病を疑う必要があるのは性行為をした相手の性器を見たときです。相手の性器が万が一、赤くなっていたり、ブツブツができていたりした場合には性病を疑うことをおすすめします。また、性行為をした数日後に性器にかゆみを感じたときや、おしっこをした時に尿道の痛みを感じた時も性病を疑った方が良いでしょう。

 

性病にかかっている気がしたら、すぐに検査をするようにしましょう!早期発見できれば、完治する確率はグンと高くなります。しかし、放置していると重症になっていく場合もあるので注意しましょう。

 

男性の性病を検査するかどうかの基準とは?

 

男性の場合は、どのような症状が出たら性病を疑うべきなのでしょうか。以下の症状が性病かどうかの判断基準となります。

 

・性器に水膨れができた

・足のつけてのところにしこりがある

・睾丸に痛みがある

・排尿するときに痛みがある

・喉に違和感がある

 

もちろん、上記以外にも性病の症状として該当するものはあります。あくまで参考として確認しておいてください。

 

女性の性病検査をするかどうかの基準とは?

 

あなたが女性の場合、性病かどうかを判断するときに、チェックしておくべき症状以下のとおりです。

 

・性器周辺がかゆい

・おりものの色がおかしい

・おりものの量が多くなった

・おりものの臭いが気になる

・陰部にブツブツがある

・のどに痛みやかゆみがある

・排尿時に痛みある

 

 

まとめ

 

上記では男女別に、性病の基準となる症状をまとめました。実際に性病になっている可能性が100%というわけではありませんが、上記の症状が当てはまるのでしたら、まずは早急に検査する方が良いでしょう。

 

以前は性病を検査するには病院に行かなければなりませんでしたが、最近ではインターネットで注文して、自宅で誰にも会わずに匿名で検査できる性病検査キットというものがあります。

このような商品も活用して、性病の早期発見へとつなげましょう。早く見つけることができれば、それだけ完治できる可能性が高くなります。大きな症状が出てしまうと大変です、あなたの将来のためにも、まずは検査してみる事をおススメします。

 

 

コメントを残す